歯は一生ものです。これからも存数を増やすために行いたい治療法

見た目をよくする

歯科における矯正と審美治療の工夫について

最近では、歯の歯列の悪さを治そうと子供の時に歯の矯正を受けた方は少なくはないのではないでしょうか。また、それと同時に歯の審美性という歯をきれいに見せる治療も注目を集めてきています。この背景には、現代では、とてもグローバル化が進み人とのコミュニケーションに重点が置かれてきているからであると、推測できます。 歯の矯正は、かみ合わせが悪いことで起こる問題をなくす事と同時に口の歯の見た目も良くしてくれます。しかし、上述した背景からこの歯の矯正だけでは治療が完了しないということがあります。歯医者さんは、歯の治療だけをするのではなく、歯の状態からくる心のストレスなども考慮してその改善をすることが、現代では求められているので、歯の矯正だけでは満足がいかない場合には、その後に歯の審美を高める治療をする工夫が歯医者さんには求められてきているのです。

歯医者さんのこの現在の取り組みについて

このように、歯医者さんにおける歯の矯正と審美性を高める治療はほとんど違う観点で違った方法での治療となりますが、人によってはこの二つの治療が必要になるケースもあります。歯の矯正はその字の通りに、歯の歯列を正しくきれいなものにするということがすぐわかります。では、歯の審美性の治療といわれてどのような治療の取り組みがあるのか、すぐに思いつきますでしょうか。ここでは、この歯の審美性に関する歯医者さんの治療の取り組みについてご紹介して行きます。 歯の審美性に関する治療には、普段の生活でくすんでしまった歯を薬品や、レーザーなどのような方法を用いて、本来の白い色の歯に戻すホワイトニングというものが、主な治療になります。また、歯の表面にセラミックを直接貼り付ける方法のホワイトニングもあります。