歯は一生ものです。これからも存数を増やすために行いたい治療法

選択できる

歯の治療法を選択する

 歯の治療を受けたいと思った時、入れ歯やブリッジのほかにも、インプラントについても考えてみようと思う場合もあります。  インプラントにしたほうが治療の跡がわかりにくくほかの歯との区別がほとんどつきません。  またあごの骨に装具を埋め込む手術をするので、治療後にぐらつくようなことがまずありません。  自分の歯が戻ってきたかのようなみごとな具合になるわけです。  歯の状態次第ではしっかりと固い食べ物が噛めなくなってしまうことも多いわけですから、インプラントにすることで大幅にその状態を改善することができます。  そのためには経験が豊富で信頼できる技術の歯科医院かどうかを確かめるようにしてから治療を任せるようにしたいものです。

インプラントの治療の意味も知っておく

 インプラントはまだまだ新しい技術ですから、たとえ治療ができると掲げている歯科医院の中でも技術のばらつきが大きいと思っておいたほうがいいでしょう。  信頼できる歯科医院を見つけるようにしなければなりません。  また健康状態は個人差がとても大きなものがあります。  インプラントは歯の治療というよりも口の中の手術だと思っておいたほうがいいものです。  その意味では妊娠中はもちろんリスクが非常に高まりますし、服薬をしている 薬の種類や骨がもろくなり始めているなど様々な体調面にも配慮をしなければなりません。  治療によって歯の状態がかなり改善されるのは確かですか、それまでに十分な相談をして安心できる状態になってからにしなければリスクも伴いという認識を持たなければなりません。