歯は一生ものです。これからも存数を増やすために行いたい治療法

方法を知る

歯医者で歯列矯正をする方法

歯医者で出来る治療といえば虫歯治療です。それ以外では矯正治療というのもできます。矯正治療とは悪い歯並びを矯正装置を使って可動し、正しい位置に戻していく治療のことを言います。矯正歯科のある歯医者で行われていて、矯正装具の種類が複数あります。 昔からあるワイヤーを使った矯正、矯正用インプラントを使う矯正、歯の裏側にワイヤーをつけて行う舌側矯正、目立たないマウスピース矯正などがあります。また、ラミネートべニアなどを使って短期間で行うクイック矯正を行っている歯医者もあります。矯正治療は基本的に長い期間がかかるもので、歯医者さんと二人三脚で治療に取り組む必要があります。そのため、信頼できるクリニックを探すことが大切です。

日本人に多い歯列不正

歯並びが悪いことを歯列不正と言います。日本人は外国人に比べて歯列不正の人が多いにもかかわらず、積極的に矯正治療をする人が少ない傾向があります。それでも最近は大人になってから歯医者で矯正を始める人が増えているといいます。 歯列不正の種類には、叢生、下顎前突、上顎前突、開咬、空隙歯列などがあります。どれも上下の歯の噛み合せが悪くなる症状で、それによって様々な障害をもたらします。食事を噛めないことで味覚が弱まったり、歯磨きがしにくくなって虫歯になりやすくなります。見た目だけではなく、健康的にもマイナスになるのが歯列不正なのです。 歯医者で矯正治療を受けることで、いっきにそうした問題が改善されます。美しい歯並びを持つことは健康にもいい影響を与えるのです。